△TOP

会社概要

PDF版会社概要はこちら

会社情報

会社名 株式会社 Realmedia Lab.(株式会社リアルメディアラボ)
所在地 〒230-0051
横浜市鶴見区鶴見中央4丁目34-26 NICハイム鶴見千代田ビル 407号室
電話番号 045-503-0211
設立 平成16年4月
資本金 5,350万円
決算期 3月(年1回)
役員 代表取締役 有澤 博
取締役(*) 関口 隆
取締役(*) 田村 直良
取締役(*) 富井 尚志
監査役 増田 誠
(*)は社外取締役です
アクセス JR鶴見駅または京急鶴見駅下車 徒歩5分
地図

会社沿革

平成14~15年 産学連携イノベーション創出事業費補助金(大学等発ベンチャー創出支援制度補助金)に有澤博教授が採択
平成16年4月 会社設立
平成17年5月 医学画像事業に進出
平成17年7~8月 ゆめファンド3号、4号、横浜キャピタル殿より出資
(中小企業基盤整備機構、神奈川中小企業センター、横浜銀行、横浜キャピタル)
平成17年8月8日 経済産業省の「平成17年度中小企業・ベンチャー挑戦支援事業のうち実用化研究開発事業(補助金)」の採択
平成17年9月23~25日 徳島大学にて開催される日本教育工学会 第21回全国大会に株式会社インフィニテックと共同でハイビジョン遠隔講義システムを展示
平成17年10月14日 NEDOの「平成17年度第2回大学発事業創出実用化研究開発事業」に採択(別添1の3ページ)(3年間の事業、但し3年目は審査による)
平成18年10月 ゆめファンド4号、横浜キャピタル殿より追加出資
(中小企業基盤整備機構、神奈川中小企業センター、横浜銀行、横浜キャピタル)
平成19年3月 NEDOの3年目の審査は継続と内定
平成20年10月 ハイビジョン講義・講演録画システムの開発
平成20年11月 赤外線レーザを利用したポインティングシステムの開発
平成21年6月 双方向マーキングシステム開発
平成21年12月 横浜国立大学有澤教授はRSNA(北米放射線学会)にてPET-CT画像を用いた自動診断に関するアルゴリズムにて論文採択され発表した。
平成23年4月 低帯域向け双方向遠隔マーキングシステム(MODE-B)の開発
平成24年7月 高画質遠隔プレゼンテーション装置の販売開始
平成25年10月 本社移転
平成26年6月 株式会社JVCケンウッド殿と「診断支援システム(CAD) Project」を開始
(翌27年3月末を以って終了)
平成26年8月 EPS益新株式会社殿と「中国に向けた診断支援システム事業」を開始
平成26年9月 東京事業所開設
平成27年8月 東京事業所を本社とする
平成29年7月 鶴見開発センターを本社とする

受託実績

2018年度の受託実績一覧
発注元案件名
気象庁 気象ビジネスマッチング交流会に係る物品借用等
環境省 平成30年度南極地域の環境保護に係る情報収集等委託業務
気象庁 気象ビジネスフォーラム等の運営業務請負
気象庁 気象ビジネスフォーラム展示準備等業務請負
気象庁 地方セミナー運営業務委託
環境省 平成30年度南極地域の環境保護に係る普及啓発等委託業務
気象庁 気象ビジネス推進に係る講習会運営業務委託
JST さくらサイエンスプランHP更新業務
内閣府 女性役員候補データベース保守管理業務
2017年度の受託実績一覧
発注元案件名
経済産業省 平成29年度高圧ガス保安対策事業(経済産業省スーパー認定事業者制度広報用ホームページの制作等業務)
環境省 平成29年度南極地域の環境保護に係る普及啓発等委託業務
気象庁 地方セミナー運営業務委託
内閣府 「明治150年」関連施策の広報に関する業務
気象庁 気象ビジネス推進に係る講習会等運営業務委託
内閣府 防災情報ホームページの掲載等業務

個人情報管理及び保護方針

当社の個人情報管理及び保護方針(プライバシーポリシー)については以下の資料をご参照ください。
個人情報管理及び保護方針(PDF形式)

リンク先

横浜国立大学 http://www.ynu.ac.jp/index_top.html
横浜市立大学 http://www.yokohama-cu.ac.jp/
株式会社インフィニテック http://www.infinitec.co.jp/index.html
EPS益新株式会社 http://www.epsekishin.co.jp/