△TOP

産学連携の成果を現実の世界へ

当社は2004年に設立した大学発ベンチャー会社で、当初は横浜国立大学大学院 環境情報研究院 有澤研究室(当時)の研究成果の実用化を目指してスタートしました。
現在の事業は、
によって構成されるがん診断支援システム(CAD: Computer Aided Diagnosis)の開発を中心に展開しております。
※PET: Positron Emission Tomography 陽電子放射断層撮影
 CT: Computed Tomography コンピュータ断層撮影

がん診断支援システムの詳細については こちら をご覧ください。

最新NEWSリリース

平成30年7月 本社移転
平成30年6月 本社の転居を予定しております。詳しくは会社概要のページをご覧ください
平成29年7月 本社 鶴見開発センターに移転
平成28年9月 開発センター開設
平成28年7月 全省庁統一資格取得
平成28年6月 農林水産省「知」の集積による産学連携推進事業における「データ収集/分析による農業生産の高度化研究開発プラットフォーム」に参加
平成27年8月 本社 東京事業所に移転
平成27年3月 株式会社JVCケンウッド殿との「診断支援システム (CAD) Project」を終了
平成26年9月 東京事業所開設
平成26年10月 EPS益新株式会社殿と「中国に向けた診断支援システム事業」を開始
平成26年6月 株式会社JVCケンウッド殿と「診断支援システム (CAD) Project」を開始
共同プロジェクト室の設置
平成25年10月 本社 東川島に移転